« 襟裳海岸の昆布漁と日露戦争 | トップページ | 気に入ったソフト Renamer4Mac を見つけた »

2004.01.30

左持ち手の急須と片手キーボード

2004.01.30 14:30.JPG

むかし横須賀の米が浜通界隈をよく歩き回っていた頃、お茶屋さんが多いことに気が付いていた。それもみな由緒ある風情を感じさせる店の作りであった。
どこの店にも急須が綺麗に並べられていて、それを見て回るのが私の楽しみであった。毎日のように見て回っているうちに、面白い急須があることに気が付いた。片手で握る持ち手ではなく、それに代る輪の持ち手が付いているのである。その輪を持ってお茶を注ぐので、急須を傾ける方向は少し違うことになる。
輪の作りには色々な種類があるが、輪の下の本体との間が透かし彫になっているものが多かった。こうして持ち手が本体から離れているので、そんなに熱さは伝わらないと思われた。ほとんどは茶色い色をしている陶器である。
この急須はどこのお茶屋さんにも置いてあった。和菓子屋さんにも置いてあるところがあった。しかし、そのご私の行く先々のお茶屋さんを覗いてみているが、この輪の持ち手の急須を横須賀以外で見たことはない。東京といっても中央線沿線であるが、吉祥寺界隈で見たことはない。
私は事情があって、左手で使う急須を長いこと探していたので、この急須が非常に気に入ってしまった。左右どちらの手でも使うことが出来るからである。しかし値段はとても高い。輪の持ち手部分の透かし彫りが手作りだから、値段が高いのもやむを得ないのだろう。
見て回っているうちに、とても気に入った輪の持ち手の急須をとうとう買う決心をして注文した。しょっちゅう訪れているうち馴染みになっていた女主人に、どうしてこれが欲しいか、と聞かれた。事情を話すと女主人は、これは高価な急須なので、そういう事情なら左持ち手の急須を作りましょう、暫く待っていて下さいといった。
女主人に呼ばれたのは半月余り過ぎたころであった。女主人は、店先にある大きな箱を開けて詰め物の中から左持ち手の急須をとり出し、ひとつ私の手に乗せてくれた。箱のなかにはまだ同じ急須が沢山あった。私のたった一つの急須の求めに、女主人はひと釜焼いてくれるよう常滑の窯元に注文したと、話をしていて分かった。私は非常に恐縮してこの左持ち手の急須を2個購入し、女主人に何度もお礼を言った。
それから幾月も過ぎた頃、吉祥寺の街のお茶屋の一軒に全く同じ左持ち手の常滑の急須を発見した。それもとうの昔に無くなっていて、もう見当たらない。
この急須の話を思い出したのは「MacPeople2.15」の「キーボードの問題点 第27回」を読んだからである。そこには、「文章を書きながら、痒いところが掻けない」・・・キーを叩いていると両手が塞がって・・・・・とあったのだ。そのとき、左持ち手の急須を想い出すと同時に、キーボードが片手で、それも左手で操作出来たらどうだろう、と漠然とした考えも浮かんできたのである。
すぐに携帯電話を片手で操作してメールを打っている女性の姿が、なぜか目に浮かんできた。紙に文字を書きながら、もう片方の手で何かしている人の情景も目に浮かんできた。今のキーボードはタイプライターから発展してきたのだから最初から両手を使う以外に発想は無かったんだ、という考えも一緒に浮かんだ。
そうか、タイプライターを使わない人たちは、だから片手の一つか二つの指でキーボードを叩いているのだ、と想い出してきた。両手を使って文字を書くなんて、タイプライター嬢じゃないんだ、頑固に片手で打っているがおれは新聞記者だ、と色々な情景が錯綜しながら噴出してきた。
誰かが考えて挫折しているのかも知れないが、片手で操作出来るキーボードがあってもいい、それがあったら私は買ってみようと想う。

|

« 襟裳海岸の昆布漁と日露戦争 | トップページ | 気に入ったソフト Renamer4Mac を見つけた »

コメント

k.tanaka さん、コメントありがとうございました。
ご紹介されたサイトに行ってきました。
Mac に対応したものが無いんですね。
でも面白い世界を見せて頂きました。

投稿: kojima | 2004.01.31 12:17

おっと、MACな方だったんですね。
となると国内は全滅で、ローマ字打ちなら
halfkeyboardかhandykeyがなんとか使えるかも、
というところでしょうか。


CUTKEYも昔は対応していたようですが
OS Xには対応していないようで、残念。

投稿: K.Tanaka // | 2004.01.31 10:17

世間の認知度は低いですが色々と製品化/販売されていますね。
パッと思い浮かぶところでは以下のような感じです。

■国内
http://www.misawa.co.jp/CUTKEY/
http://www.smallnetwork.co.jp/
http://www.mevael.co.jp/item.html

■海外
http://www.halfkeyboard.com/
http://www.frogpad.com/
http://www.handykey.com/
http://www.maltron.com/special.html

投稿: K.Tanaka // | 2004.01.31 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/150497

この記事へのトラックバック一覧です: 左持ち手の急須と片手キーボード:

« 襟裳海岸の昆布漁と日露戦争 | トップページ | 気に入ったソフト Renamer4Mac を見つけた »