« 東京都の最高峰雲取山登山の思いで その7 | トップページ | 雲取山登山で受けた凍傷の克服記-1 »

2004.02.25

東京都の最高峰雲取山登山の思いで その8

雲取小屋を出てだいぶ経ち里山にくだってきていた。そろそろ地下足袋を脱いで革靴に履き替えようとしていたころ、地下足袋の中の足が非常に痒くなってきているのに気が付いていた。山を降って気温が上がってくるのに従い、血液の循環が良くなって足の指が温まってきているのだ。地下足袋を脱ぐと足はどうしようもなく痒い、叫び出すほど痒い。取り出した父親の黒い通勤靴は小さく見え、膨らんだ痒い足を靴下ごと入れるには窮屈だな、と思案しながらしばらく黒い平らな靴先を眺めていた。でも他に仕方がないので、足の指と踵には既に大きな水泡ができていたが無理やり革靴に押し込んで履いた。また手の指先にも大きな水泡が現れていた。水泡と普通の皮膚との境目が非常に痒くなってきていた。それでも未だ水疱に触ることは出来た。
痒い足をかばって歩き続けた。バスに乗り電車に乗り継いでいる間、足の痒みの他のことは何も考えられない状況を、じっと我慢していた。私の世話をして下界に連れ帰ってくれた後見人は自宅のある小金井駅で降りた。私は後見人のお名前を覚えていないが、その時も今もいつまでも感謝している。それから、ますます痒くなる足を引きずりながら吉祥寺の家に帰り着いた。こうしてともかく帰還することだけは出来たのである。

|

« 東京都の最高峰雲取山登山の思いで その7 | トップページ | 雲取山登山で受けた凍傷の克服記-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/233173

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都の最高峰雲取山登山の思いで その8:

« 東京都の最高峰雲取山登山の思いで その7 | トップページ | 雲取山登山で受けた凍傷の克服記-1 »