« EGBRIDGE 14 とMacintosh G5 | トップページ | 「体の中の原始信号」を読む-14 »

2004.03.26

起動パーティションの引っ越しを行う

最近、私のMacの処理速度が落ちストレスも限界に達したので、いつものように Mac OS の起動パーティションを引っ越すことにした。
そのために 40GB ばかりの空きパーティションを AQA 1000 という名前で作り、あらかじめ MacOSX 10.2 をインストールしてある。

現在の起動パーティション AQA 100 はMac OS X 10.2.8 で、もうながいこと使っている。速度が落ちているのでかえって沢山のファイルを開いてしまう。
起動ディスクを AQA 1000 に変更して再起動する。パスワードは忘れないように同じものにしてあるので、すぐに Fider が開いた。
次に、インターネットに接続するため mathey MFU2E-221(FireWire*3/USB2*3/LANport(100/10)) のドライバを CD からインストールをする。この拡張カードは、私のマシン PM G3 MT でUSB と LAN 100 が使えるようにするための必須のカードなのである。CPU は MacG4 500MHz にしてある。
再起動して現れたセキュリティー警告画面で「使用する」ボタンをクリックすると、たちまちフリーズしてマウスカーソルが動かなくなってしまった。それから何回か再起動を繰り返してみたが、フリーズすることは変わりなかった。
むかし同じことが起こっていたことは思い出すのだが、どう対処して脱出したかは遂に思い出せない。どうしようか、迷いは尽きない。
今日はここまで。

|

« EGBRIDGE 14 とMacintosh G5 | トップページ | 「体の中の原始信号」を読む-14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/355759

この記事へのトラックバック一覧です: 起動パーティションの引っ越しを行う:

« EGBRIDGE 14 とMacintosh G5 | トップページ | 「体の中の原始信号」を読む-14 »