« メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-01 | トップページ | メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-03 »

2004.04.20

メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-02

04.4.20 17:03.JPG

ドトールコーヒーの店の窓から外を眺めていると、人の行き交いが少し多くなってきた頃、店の時計は6時30分丁度を指していた。
右手から痩せ型長身の人と若い人の二人連れの男がやってきて店に入った。

それらしい人たちだなと目で追っていると、二人連れは2階に上がっていった。しばらくして下りてくると外に出て、さっき現れた右手の視界の先で止まったまま、どうも人を待つようである。
2階に行ってみると人の気配は先程と変わらず、やはりそれらしき人はいない。1階の席に戻って窓外を見ると、先程の二人連れは店の入り口近くに移動していてきている。私は外に出ると、次元幾何学研究会とO氏の名前が書いてある紙の入った透明ファイルを見せて、”失礼ですが”といった。
”そうです私です”、”では中に入りましょう”と細身の人が言って私の座っていた席の両隣に座った。しばらくして知り合いの人が一人きてO氏に挨拶した。それから4人で2階に行き、片隅に空いた席を幾つか確保した。
O氏とは出合った最初から三角錐の話をし続け、ここでも引き続きO氏がノートに書き込みながら話すのを聞いた。素晴らしい話の内容に感激して、私は立て続けに質問をし続けた。そのうちに人も増えてきていた。気がつくと前から2階にいた謎の二人連れの男女は、初めてこの会に出席する人達であった。
人が増えてきたので席を壁際に並ぶように確保すると、またしばらく話し込み、10人揃ったところで自己紹介をO氏の司会で始めた。
今日はここまで。

|

« メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-01 | トップページ | メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/468534

この記事へのトラックバック一覧です: メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-02:

« メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-01 | トップページ | メタトロン経由ドリームスペルに出会うまで-03 »