« ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-05 | トップページ | ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-07 »

2004.04.28

ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-06

04.4.27 19:11.JPG

綿棒で正20面体を作成する

3月21日の次元幾何学研究会にでた時、0氏に綿棒多面体について教えられ、ぜひ作るようにといわれていた。綿棒と接着剤などは23日に吉祥寺駅前の湯沢屋にいって既に買い整えてあったが、暫くの間は手を付けず、机の前に置いたままであった。

作ろうと思い立ったのは急であった。早速、3角形、3角錐・正4面体、正20面体を作り上げた。接着剤の威力は相当なもので、大いに頼りがいがあった。できあがった多面体を机の上において眺めてみると、いささか歪んでいるのが気に入らない。これは綿棒の綿頭が大きいための誤差で、この程度は納得せざるを得ない。
ディスプレイとして居間に飾り終日眺めて暮らしていた。すると、正20面体の表面を作っている正3角形は、3角錐4面体の底が20個集まっているように見えてきた。もちろん3角錐4面体の頂点は正20面体の内部の中心の1点に集中している、という構図である。
暫くの間そのことを考えているうち、今度は正3角形の紙をたくさん買ってきて、その紙を使って今まで考えてきたことを実現してみたいと思うようになった。吉祥寺の主な店に当たってみたが、正三角形の紙にはどのような使い道があるのかと聞かれ、面食らっていると、一般に使い方がないものは作りませんね、と言われてしまった。それでもシールやラベルの小物を少し買ってきた。
そこで、パソコン上で作れないか考えていたが、クラリスはバージョン8からアップしていなかったで、AppleWorks 6 を注文した。立体を作って操作するにはテクニックを学ばなければならないので、平面図形を走査することで我慢することにしたのである。
今日はここまで。

|

« ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-05 | トップページ | ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/506644

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-06:

« ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-05 | トップページ | ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-07 »