« 善福寺公園のお花見ルートを散歩する | トップページ | 井の頭公園のお花見ルートを散歩-花が散り始める »

2004.04.02

起動パーティションの引っ越しを諦る

2004.03.31 15:24.JPG

3月の26日から始めたていた Mac OS の起動パーティションの引っ越しは、どうやっても旨く行かなかった。AQA1000 パーティションでの引っ越しを諦めかけた頃、システム環境設定ー起動ディスクの中にある8っのディスクの中の一つに、以前作って置いたまま手つかずになっているMac OS X10.2.8 があるのに気がついた。

早速そのパーティション AQA 10 に行って、safari や DreamWeaver MX などを動かしてみるとかなり快適に動いた。しかし、AQA 10 はPower Mac G3 本体に内蔵されているハードディスクなので、AQA 100 のある外付けのハードディスクよりもだいぶ遅く、iPhoto などの速度は全く改善されない。
アプリケーションと書類フォルダーのファイル、IPhoto Library、メールのファイルなどは、Mac OS とは別のパーティションに置いてあるので、AQA 10 からもそれらを使うことにしている。
また、色々なアプリケーションを動かしてみると、当然だがパスワードなどを要求されることが多い。覚悟はしていたが、すぐに煩わしくなってきて、元の古巣のパーティションが懐かしくなってしまう。ユーザ ID やパスワードの管理がまずいので、このような時に素早く対応できないのが悩みである。
そのようなわけで、引っ越しをあきらめることにしてしまったのである。でも、時々息抜きにこうして AQA 10 にやってくることがある。いまもAQA 10 に来ていて、このエントリーを書いている。
このところ Apple のサイトを毎日チェックしているが、G5 について新しいニュースがなかなか現れないので、若干不満がたまっている。いつでも G5 が発売されたら、有無をいわずに買う決心は付いているのである。

|

« 善福寺公園のお花見ルートを散歩する | トップページ | 井の頭公園のお花見ルートを散歩-花が散り始める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/387353

この記事へのトラックバック一覧です: 起動パーティションの引っ越しを諦る:

« 善福寺公園のお花見ルートを散歩する | トップページ | 井の頭公園のお花見ルートを散歩-花が散り始める »