« 井の頭公園夜の花見の乱闘をテレビで観る | トップページ | 井の頭公園お花見ルートを散歩-花散り敷く »

2004.04.06

思い直して起動パーティションの引っ越しをした

04.4.6 11:00.JPG

4月2日、 AQA 1000 と AQA 10 への起動パーティションの引っ越しをあきらめる ことにしていた。しかし、 AQA 100 起動パーティションでのパソコン生活は、ほとんどのアプリケーションで処理速度が低下し続けるという事態に依って、ついに引っ越しを再考せざるを得なくなった。

マウスポインターが風車のように回り続けて10秒を越すようになると、私のパソコン生活は破綻をきたし、深刻な状況になってしまった。何がといって、思考速度と書き込み処理速度が乖離してくると、待ち時間のあいだに本を読んだり他のアプリケーションを動かしたりと、次第に支離滅裂な状況を作り出してしまうのである。するとパソコンの方でもメモリーが異常な使われ方をして疲労してくるらしく、ますます処理速度が落ちていくようなのである。
メーラーの MUSASHI が動作していると、このアプリケーションがMac OS X の初期に作られたままだからだと思うが、処理中に他のスレッドに少なからずの影響を与え、他のアプリケーションの動作が止まっている時が多い。だが、私はこの MUSASHI が大好きなので、メーラーを他のものに換える気は今のところ全くない。
このようなわけで、私は思いきって起動パーティションを AQA 10 に引っ越すことにしたのである。そう決心すると、後は実行するしかない。
EGBRIDGE 14 、Jedit4、iPhoto2、OmniOutliner などを整備してAQA 10 の環境を作り上げ、その後は必要不可欠な部分からその都度再現することにした。
その結果、処理スピードはかなり改善して、私のストレスはだいぶ少なくなった。アプリケーションの起動時に要求される ID やパスワードなどは、億劫がらずに逐一丁寧に探して書き入れるようにしていった。快適環境を手に入れるための我慢と思って、涙をのんだのである。
今はとりあえず従前のパソコン生活の回復を目途にして、G5 の新機種が現れるまでこの環境を支え続けていこうと思っている。

|

« 井の頭公園夜の花見の乱闘をテレビで観る | トップページ | 井の頭公園お花見ルートを散歩-花散り敷く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/405788

この記事へのトラックバック一覧です: 思い直して起動パーティションの引っ越しをした:

« 井の頭公園夜の花見の乱闘をテレビで観る | トップページ | 井の頭公園お花見ルートを散歩-花散り敷く »