« 複式簿記の思いで-16 ページメーカーで小冊子を作る | トップページ | ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-19 4つの世界の次元幾何学的交差 »

2004.07.10

複式簿記の思いで-17 マックワードで総会資料を作る

040709_1150.JPG

複式簿記の黙示録」の第3章の中の「戦国日本、天下統一の陰にひそむ知将の意思」の「38・秩父札所の番付変更と、日本観音百霊場づくりに秘められた天海の意図」で著者岩辺晃三は、次のように述べる。
「ここで天海がキリシタン禁制の変わりに誘導しようとした観音信仰についてみてみると、日本では西国三十三カ所の観音霊場への巡礼として古くから行われていたことがわかっている。その起源は奈良時代までさかのぼるといわれ、伝説によれば718(養老2)年に大和長谷寺の徳道上人によってはじめられたという。」
続けて著者岩辺晃三次のように述べる。
「鎌倉時代になると、関東では鎌倉の杉本寺ではじまり安房の那古寺で結願する坂東三十三カ所の観音霊場が成立する。更に十五、十六世紀になると、各地方で観音霊場が形成され、秩父地方では1488(長享2)年にすでに巡礼がはじまっていたことを示す記録が残されている。その記録とは、秩父札所第三十二番の法性寺が所蔵する「長享二年秩父観音霊場」、略して「長享番付」とよばれる古文書のことで、内容は現在の秩父観音霊場とは巡礼順序・札所番号もかなり異なったものとなっている。とくに札所が現在は一番の四万部寺からはじめって水潜寺までの三十四カ所になっているのに対し、「長享番付」では三十三カ所である。観音霊場を三十三カ所の構成とするのは、「妙法蓮華経観世音菩薩普門品」の観世音菩薩三十三身十九説法の説に拠るもので、三十三の枠を超えて三十四カ所とした背景にはよほどの事情があったと考えられる。その事情とは、江戸初期、西国、坂東の二つの三十三札所に加えて秩父の札所を三十四カ所にして、日本百観音霊場をつくったことである。」
更に続けて、著者岩辺晃三次のように述べる。
「しかし、この秩父札所の変更が、江戸初期のいつ、いかにしてそうなったかについて説明する史料は存在していない。変更にさいしては、相当強大な権力を背景としなければ成立しなかったはずであり、筆者はそこに当時の宗教界の頂点にいた天海の関与があったと推測してさしつかえないと思っている。」
そして著者岩辺晃三続けて述べる。
「また、坂東札所の第九番は、外秩父にある天台宗の「都幾山慈光寺」である。「都幾山」は鎌倉時代は「遠一山」といわれていた。それが、いつのころからか「都幾山」に改められたもので、「都幾」は明智光秀ゆかりの「土岐氏」を連想させ、ここにも天海・光秀同一説を暗示するものがある。」
著者岩辺光三は秩父観音霊場について深い洞察を与えているが、私が手にしている「秩父観音巡礼」平幡良雄・満願寺教化部刊に拠れば「三十番・法雲寺にある天文五年(1536)の納札には、百観音巡礼と刻銘され、そのころ西国、坂東、秩父を合わせて巡拝することがおこなわれていたことを知るのである。」とあるので、まだまだ探求の手をゆるめるわけにはいかないと思う。

団体の会計業務の仕上げは総会の資料づくりである。それには当時の本格派日本語ワードプロセッサーであった MacWORD を使って作業をした。MacWORD は、作図/作表機能、縦書き対応、マスターページ機能、表計算/グラフ作成機能を装備していた。
MacWORD の操作も実際の作業を進める中で学び、具体的な問題を処理する過程でマニュアルを片手に、試行錯誤して身に付けていったのである。このやりかたはページメーカーでも、ファイルメーカーでも、全てのアプリケーションソフトについて同じであった。
どこかに学びに行く余裕の時間などはなかったので、たまに訪れたゼロワンで店員に質問したり、操作状況を見せてもらったりしていた。特に操作状況を見るのが、それを理解するのに、私にはいちばん効果的であった。
MacWORD でお気に入りの機能は作図/作表機能、縦書き対応で、特に作表機能は縦横に使いこなせるようになっていた。こうして作成した総会資料をファイルとして保存しておくと、次年度にデーターとして再利用ができる。私はこのデーターを再利用して加工していくうちに、ハードディスク内のデータ空間とでもいう空間に慣れた。そして気が付くと、その空間の中でものを考えていくようになっている自分を、そこに見いだしていたのである。
今日はここまで。

|

« 複式簿記の思いで-16 ページメーカーで小冊子を作る | トップページ | ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-19 4つの世界の次元幾何学的交差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/938144

この記事へのトラックバック一覧です: 複式簿記の思いで-17 マックワードで総会資料を作る:

« 複式簿記の思いで-16 ページメーカーで小冊子を作る | トップページ | ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-19 4つの世界の次元幾何学的交差 »