« 「暦の知恵・占いの神秘」を読む-09 | トップページ | 「暦の知恵・占いの神秘」を読む-11 »

2004.07.22

「暦の知恵・占いの神秘」を読む-10

第1章「十干と十二支の知識」の「十二支と十二次」において、著者永田久は次のように述べる。
「歳星のプラス回転運動による歳星紀年法は、それに対応するマイナス回転の太歳による太歳紀年法に移り、十二次は十二辰(十二支)と次のように対応することになった。
・大歳紀年法・・・歳星紀年法
・・十二辰・・・・・十二次
・(十二支)
・・・寅・・・・・・星紀・・・・せいき
・・・卯・・・・・・玄枵・・・・げんきょう
・・・辰・・・・・・娵訾・・・・じゅし
・・・巳・・・・・・降婁・・・・こうろう
・・・午・・・・・・大梁・・・・たいりょう
・・・未・・・・・・実沈・・・・じっちん
・・・申・・・・・・鶉首・・・・じゅんしゅ
・・・酉・・・・・・鶉火・・・・じょんか
・・・戌・・・・・・鶉尾・・・・じょんび
・・・亥・・・・・・寿星・・・・じゅせい
・・・子・・・・・・大火・・・・たいか
・・・丑・・・・・・析木・・・・せきぼく
こうして十二次は十二支と対応して、一年ごとに子、丑、寅・・・と名づけられるようになったのである。」
続けて著者永田久は述べる。
「年を十二支で呼ぶようになった暦は、「後漢書」によると、黄帝暦は辛卯、顓頊歴は乙卯、夏歴は丙寅、殷歴は甲寅、周歴は丁巳、魯歴は庚子を暦年にしたとある。前漢・武帝の紀元前104年「太初元年」に、それまで秦の国で用いていた顓頊歴を改めて、鄧平が<太初歴>を作った。干支による紀年法を制定して、紀元前104年を「丁丑」と定めた。この年干支は、のちに宋の時代、445年可承天の作った<元嘉歴>に引き継がれた。この<元嘉歴>が欽明天皇15年(554)に日本にもたらされ、推古天皇12年(604)に日本で初めて暦日を用いるようになった、その暦として採用されたのである。<元嘉歴>によれば、604年は「甲子」の年である。以来、千三百年もの長い間日本では暦が変わっても年干支はそのまま引き継がれて現在に至っているのである。」

私はここまで読んで思う。中国において紀年法が生まれ育っていく過程は、年を十二支で呼ぶようになり、紀元前104年武帝によって干支による紀年法が制定され、以後王朝とともに変遷している。日本には604年に<元嘉歴>がもたらされ、604年を「甲子」として変わることなく現在に至っている。
中国は1949年に<西暦>を採用しているが、これも王朝とともに変遷している姿なのであろうか。また中国でも日本と同様に旧暦もあって、年中行事などは伝統暦、いわゆる旧暦に従っているという。
きょうはここまで。

|

« 「暦の知恵・占いの神秘」を読む-09 | トップページ | 「暦の知恵・占いの神秘」を読む-11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1026303

この記事へのトラックバック一覧です: 「暦の知恵・占いの神秘」を読む-10:

« 「暦の知恵・占いの神秘」を読む-09 | トップページ | 「暦の知恵・占いの神秘」を読む-11 »