« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の記事

2004.08.31

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-12  ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まる

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。
するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)05-07」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
この返事を書いてから「恵命我神散」について改めて記憶を整理し更に調べ直したので、補足とし「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)08-09」のように書いててメーリングリストに投稿した。しばらく経ったまた質問があったので、10月1日私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)10」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
半年近く経った2004年1月24日、恵命我神散歯磨きを使った結果報告があったので、1月24日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)11」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
2004年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)」を書いて1年ぶりに自作の歯磨きが美味しくなってきていることに気が付いた。どのように美味しくなったのか、その微妙な塩加減についてここに書いてみたい。
これでこのシリーズは終わります。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-12  ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.30

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-11  今までのところ、歯の調子は大変良好です

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。
するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)05-07」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
この返事を書いてから「恵命我神散」について改めて記憶を整理し更に調べ直したので、補足とし「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)08-09」のように書いててメーリングリストに投稿した。しばらく経ったまた質問があったので、10月1日私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)10」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
半年近く経った2004年1月24日、恵命我神散歯磨きを使った結果報告があったので、1月24日、私は次のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
その11。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-11  今までのところ、歯の調子は大変良好です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.29

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-10  好みのオリジナル歯磨きの目安は、手前歯磨きの我が家の味

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。
するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)05-07」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
この返事を書いてから「恵命我神散」について改めて記憶を整理し更に調べ直したので、補足とし「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)08-09」のように書いててメーリングリストに投稿した。しばらく経ったまた質問があったので、10月1日次のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。
その10。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-10  好みのオリジナル歯磨きの目安は、手前歯磨きの我が家の味"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.28

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-09   「歯槽膿漏は「ガジュツ」でなおせる」布川宗治著はアマゾン、ヤフーに在庫中

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)05-07」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。この返事を書いてから「恵命我神散」について改めて記憶を整理し更に調べ直したので、補足としてメーリングリストに投稿した。
その9。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-09   「歯槽膿漏は「ガジュツ」でなおせる」布川宗治著はアマゾン、ヤフーに在庫中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.27

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-08  吉祥寺伊勢丹新館4階の本屋で面白い本に出会う

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)05-07」のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。この返事を書いてから「恵命我神散」について改めて記憶を整理し更に調べ直したので、補足としてメーリングリストに投稿した。
その8。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-08  吉祥寺伊勢丹新館4階の本屋で面白い本に出会う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.26

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-07   沖縄産がじゅつと輸入塩(浜菱・山菱)

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日次のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。その7。

続きを読む " 私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-07   沖縄産がじゅつと輸入塩(浜菱・山菱)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.25

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-06恵命我神散に使われている「がじゅつ」は屋久島原産

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日次のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。その6。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-06恵命我神散に使われている「がじゅつ」は屋久島原産"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.24

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-05  恵命我神散は何処で入手するのですか?

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は「私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)01-04」という話をメーリングリストに投稿した。するとすぐに質問が投稿されたので、8月4日次のように返事を書いてメーリングリストに投稿した。その5。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-05  恵命我神散は何処で入手するのですか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.23

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-04 山菱(やまびし)と浜菱(はまびし)という塩を見つける

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は次のような話をメーリングリストに投稿した。その4。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-04 山菱(やまびし)と浜菱(はまびし)という塩を見つける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.22

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-03 恵命我神散の服用も2〜3年続けて効果を感じ取る

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は次のような話をメーリングリストに投稿した。その3。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-03 恵命我神散の服用も2〜3年続けて効果を感じ取る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.21

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-02 恵命我神散の成分は97%が「がじゅつ」の単体粉末

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は次のような話をメーリングリストに投稿した。その2。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-02 恵命我神散の成分は97%が「がじゅつ」の単体粉末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.20

私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-01  屋久島で恵命我神散に出会う

12040801_0830.JPG

最近、自作の歯磨きが美味しくなって、ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まっている。そこで、昨年になるが管理人をしているメーリングリストに載せた話の中から、「私の歯磨き粉」について修正補足して転載することにした。
2003年8月2日、私は次のような話をメーリングリストに投稿した。その1。

続きを読む "私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-01  屋久島で恵命我神散に出会う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.19

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -26-  世界一清潔な大都市***一応シリーズを終わる***

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「10.都市の糞尿をすべて農業に使うしくみ ー 江戸の肥桶は牛乳缶みたいに清潔」の中の「世界一清潔な大都市」は、次のように述べられている。
「明治時代に来日して大森貝塚を発見したアメリカ人・モースは、汲み取りに使う肥桶についてこう語っている。「畑に肥料を運ぶ木製のバケツは真っ白で、わが国の牛乳缶みたいに清潔である」。当時、パリやロンドン・ニューヨークなどの大都市では、下水道づくりが始まったものの、便所がないために糞尿やごみは窓から捨てられるのが一般的で、道路も川も汚れがひどかった。モースにとって江戸の清潔さは驚きだったのだ。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -26-  世界一清潔な大都市***一応シリーズを終わる***"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.18

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -25-  都市と農村のリサイクル

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「10.都市の糞尿をすべて農業に使うしくみ ー 江戸の肥桶は牛乳缶みたいに清潔」の中の「都市と農村のリサイクル」は、次のように述べられている。
「江戸に住む百万を越える人びとの大量の下肥は、大切な肥料として回収され、周辺の農村に運ばれた。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -25-  都市と農村のリサイクル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.17

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -24-  江戸農業を支えた肥料あれこれ

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「10.都市の糞尿をすべて農業に使うしくみ ー 江戸の肥桶は牛乳缶みたいに清潔」の中の「江戸農業を支えた肥料あれこれ」は、次のように述べられている。
「畑で作物をつくりつづけると肥料分が作物に吸われ、土がだんだんやせていく。化学肥料がなかった江戸時代には、自然のものを肥料として施す工夫が各地で生まれていた。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -24-  江戸農業を支えた肥料あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.16

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -23-  しばしば出された早出し禁止令

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「9.ごみリサイクルで野菜の早出し栽培 ー グルメの江戸っ子を喜ばせる」の中の「しばしば出された早出し禁止令」は、次のように述べられている。
「こうして早出し栽培が盛んとなり、グルメの江戸っ子たちを喜ばせる。しかし、初物を食べるなどというぜいたくが広がりすぎると、幕府としては困る。というのは、農家は米麦など基本食料の生産よりも、高く売れる初物づくりに力を入れるようになり、また、庶民のぜいたくは身分制度をゆるがすものだからだ。そこで幕府はたびたび出荷日統制令、促成栽培禁止令など御触れを出して、取締まりを始めた。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -23-  しばしば出された早出し禁止令"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.15

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -22-  発熱材料は江戸のごみ

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「9.ごみリサイクルで野菜の早出し栽培 ー グルメの江戸っ子を喜ばせる」の中の「発熱材料は江戸のごみ」は、次のように述べられている。
「江戸っ子は初物好きである。時期はずれの野菜や若葉のころ早くつみ取られた野菜を食べることが、イキでイナセだった。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -22-  発熱材料は江戸のごみ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.14

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -21-  その他の地区

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「7.江戸農民の手で名品種が次々と生み出された ー 品種についた地名から誕生の地を訪ねよう」の中の「その他の地区」は、次のように述べられている。
「杉並区では、井荻村で文化年間(1804〜18)に、古谷岩右衛門がうどの栽培を始め、これはのちに吉祥寺うどとして有名になった。そのほか、荒川区の汐入大根・三河島菜・台東区の谷中しょうが・立川市の砂川ごぼう・奥多摩のわさびなどが、古くにできた優れた品種である。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -21-  その他の地区 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.13

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -20-  品川・大田地区

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「7.江戸農民の手で名品種が次々と生み出された ー 品種についた地名から誕生の地を訪ねよう」の中の「品川・大田地区」は、次のように述べられている。
「品川区の目黒川・立会川の周辺も、野菜づくりの先進地だった。居留木橋かぼちゃは、明治以降全国に広がった品種である。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -20-  品川・大田地区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.12

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -19-  豊島・新宿・渋谷地区

 040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「7.江戸農民の手で名品種が次々と生み出された ー 品種についた地名から誕生の地を訪ねよう」の中の「豊島・新宿・渋谷地区」は、次のように述べられている。
「今では田畑などまったくない山手線周辺も、江戸時代から明治時代にかけて数々の優良品種が生まれたところだ。豊島区では駒込なす、雑司が谷かぼちゃなどが、新宿区では内藤かぼちゃ・鳴子うり・早稲田みょうがなどが誕生した。渋谷区千駄ケ谷にはとうもろこし畑が広がっていた。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -19-  豊島・新宿・渋谷地区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.11

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -18-  北・練馬・板橋地区

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「7.江戸農民の手で名品種が次々と生み出された ー 品種についた地名から誕生の地を訪ねよう」の中の「北・練馬・板橋地区」は、次のように述べられている。
「北区滝野川では、根ものが盛んにつくられた。優秀品も多く、元禄年間(1688〜1704)に鈴木源吾が生み出した滝野川ごぼうは、全国に広がった野菜の代表である。人参では、八代将軍・吉宗が全国から集めた品種の中から優秀だとして選んだ、滝野川人参がある。どちらも根の長さが1メートルにもなるもので、土が深く排水がよいというこの土地ならではの特産品だ。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -18-  北・練馬・板橋地区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.10

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -17-  葛飾・足立地区

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「7.江戸農民の手で名品種が次々と生み出された ー 品種についた地名から誕生の地を訪ねよう」の中の「葛飾・足立地区」は、次のように述べられている。
「葛飾地区一帯は、葉もの・根もの野菜の産地である。明治時代から全国的に有名になった金町小かぶは、金町で明治はじめに農家が育成していたものだと伝えれれている。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -17-  葛飾・足立地区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.09

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -16-  江東・江戸川・墨田地区

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「7.江戸農民の手で名品種が次々と生み出された ー 品種についた地名から誕生の地を訪ねよう」の中の「江東・江戸川・墨田地区」は、次のように述べられている。
「江東区では、砂村周辺(現在の北砂・南砂など)が早くから野菜産地だったところ。温暖で、土が肥えて水も豊富という好条件に恵まれ、砂村ねぎ、・砂村きゅうり(砂村青節成・砂村葉込)・砂村なすなどといった地名つきの品種が次々と生まれた。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -16-  江東・江戸川・墨田地区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.08

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -15-  浅漬けに亀戸大根

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「6.土地柄を見分けて特産野菜を育てた江戸農民の心意気 ー 練馬大根と亀戸大根」の中の「浅漬けに亀戸大根」は、次のように述べられている。
「一方、亀戸大根は、江戸時代には汐入(潮入)大根とも呼ばれていた。かって、満潮時には、現在の江東区亀戸辺りまで海水が入ってきていたのだろう。ここの大根は、川が肥沃な土を運んだ沖積デルタだからこそ優れたものができた。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -15-  浅漬けに亀戸大根"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.07

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -14-  たくわん用の名品・練馬大根

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「6.土地柄を見分けて特産野菜を育てた江戸農民の心意気 ー 練馬大根と亀戸大根」の中の「たくわん用の名品・練馬大根」は、次のように述べられている。
「今の東京はどこへ行っても同じようにみえるが、じつは土の性質や気候条件は場所によって多様である。江戸時代の農民たちは各地の風土の特徴を見ぬき、そこにふさわしい野菜産地をつくってきた。ここでは、武蔵野台地の練馬大根と、旧利根川がつくった沖積デルタ地帯の亀戸大根について調べてみよう。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -14-  たくわん用の名品・練馬大根"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.06

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -13-  幕府に納める中野の苗づくり

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「5.野菜名人をスカウトして幕府直営の農業試験場始まる ー 産地化を促した”御前栽畑”と苗づくり農業」の中の「幕府に納める中野の苗づくり」は、次のように述べられている。
「中野村(現在の中野区)の農民は苗づくりを盛んに行った。名主の堀江家は、江戸時代のはじめから幕府直々の命令で毎年なすの苗を江戸城に納めていた。文政十年(1827)の十月に書かれた堀江家の古文書に、その記録がある。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -13-  幕府に納める中野の苗づくり"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.05

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -12-   ベテランまで呼んで本物の味を追及

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「5.野菜名人をスカウトして幕府直営の農業試験場始まる ー 産地化を促した”御前栽畑”と苗づくり農業」の中の「ベテランまで呼んで本物の味を追及」は、次のように述べられている。
「将軍家は、まくわうりの栽培も手がけている。もともとは美濃国下真桑村(現在の岐阜県本巣郡)のうりで、そのおいしさが知れわたって、まくわうり(真桑瓜)と名づけられたという。くだものがよくできなかった江戸時代にはその代わりとして人気を集め、江戸城の宴会でも、”水菓子”として使われたようだ。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -12-   ベテランまで呼んで本物の味を追及"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.04

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -11-   産地化を促した”御前栽畑”と苗づくり農業

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「5.野菜名人をスカウトして幕府直営の農業試験場始まる ー 産地化を促した”御前栽畑”と苗づくり農業」は、次のように述べられている。
「欲しいときに欲しい量の野菜を手に入れたいと考えた幕府は、直営の”御前栽畑”をつくった。その第1号が隅田村(現在の墨田区墨田など)である。江戸城中から川伝いに舟で往復できるというメリットと、隅田川が運んだ肥沃な土、野菜栽培に欠かせない水の便のよさなどを評価して、ここを選んだようだ。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -11-   産地化を促した”御前栽畑”と苗づくり農業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.03

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -10-  将軍へのおくり物競争

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「4.参勤交代で地方の名産が続々と江戸へー大名屋敷は家庭菜園」の中の「将軍へのおくり物競争」は、次のように述べられている。
「大名が国元から江戸に参府するときに、将軍家におくる献上品も、野菜の歴史を変えた一つの要因だった。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -10-  将軍へのおくり物競争"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.02

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -09-   目黒名物も元をただせば九州産

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「4.参勤交代で地方の名産が続々と江戸へー大名屋敷は家庭菜園」の中の「目黒名物も元をただせば九州産」は、次のように述べられている。
「たとえば”目黒のたけのこ”として有名なもうそうたけのこ(孟宗筍)は、三田(現在の港区)にあった薩摩藩(鹿児島県)の下屋敷から広まったもの。廻船問屋の山路次郎兵衛勝孝が根をゆずり受けて、目黒川沿岸に普及していった、と古文書にある。

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -09-   目黒名物も元をただせば九州産"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.01

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -08-   大名も旗本も野菜をつくった

040710_0815.JPG

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「4.参勤交代で地方の名産が続々と江戸へー大名屋敷は家庭菜園」の中の「大名も旗本も野菜をつくった」は、次のように述べられている。
「江戸に幕府が開かれると、全国の大名・小名が続々と江戸に屋敷をかまえるようになってきた。そして、大名や旗本は皆、屋敷のなかに家庭菜園をつくった。これを前栽畑といった。東京の農家が野菜のことをセンザイと呼んでいたのは、その名ごりである。」

続きを読む "「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -08-   大名も旗本も野菜をつくった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »