« 私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-12  ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まる | トップページ | Mac G5 2.5GHz 環境設定中・旧 Mac G4 500MHz からのデータ設定中 »

2004.09.01

「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -27-  世界最大の植木センター

-26-まで江戸ゆかりの野菜について読んできたが、ひとまず野菜を終えることにして、-27-から江戸ゆかりの花について読んでいきたいと思う。
第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「12.「世界に類なし」とイギリス人植物学者を驚かせた植木の里ーーつつじ・さつきのカタログも出た」の中の「世界最大の植木センター」は、次のように述べられている。

「万延元年(1860)、染井村(現在の豊島区駒込)を訪れたイギリスの植物学者ロバート・フォーチューンは、そこでつくられている植物の種類があまりにも多いことに驚きの声をあげた。植木や鉢植えの花が見渡すかぎり整然と並ぶ光景は、世界一の先進国イギリスにさえ見られないものだと、その見事さを絶賛している。
桜の代表品種・染井吉野の産地として知られる染井は、有名な植木の産地だった。大名や商家の広い庭園、猫の額ほどの庶民の庭や路地裏、日常の行事用など、江戸の花と緑の需要は相当に高かった。そのすべてにこたえるために、大きな植木から、盆栽・花の小鉢ものに至るまで、あらゆるものが栽培され、天びん棒をかついだ花売りの手で、町々に届けられた。」
##ここまで読んできて私は思う。 ここにきて私のマシンが作業中でしばらく手が回らないので、そちらの経過について書くことに、しばらくのあいだなりそうである。
Mac G5 へ、旧マシン G4 からのデータ吸い出しに手間取る
7月31日から作業を続けているが、旧マシン G4 から のデータ吸い出しに手間がかかっている。コピーに長い時間がかかるもの、新規にインストールするものなどがあるが、DriamWeaver MX 、MUSASHI 、AppleWorks 6 はすんなりとコピーで起動し順調なのが有り難い。宛て名職人は新規インストールしてアップデートした。iPhoto のデータ7500枚の写真のコピーには長時間を要し、一部コピーできないものが生じていた。
ところが先ほど通信環境にタイムアップの警告がでて通信が途絶えてしまったのである。ネットワークの設定で、「DHCP サーバを参照」で設定していたのだが、予感通り、IP アドレスが一致して通信不能になったのである。ディスプレイを付け替え、 G4 に入って調べてみるとこちらも G5 と同じ「192.168.1.21」になっている。G5 は先ほどまで「192.168.1.22」であったものが自動的に変化して「192.168.1.21」になり、G4 の IP アドレスと一致してしまったのである。そこで、両方とも手動設定にして、 IP アドレスを「192.168.1.60」と「192.168.1.61」にすることにして作業中である。果たして旨く行くかどうか楽しみである。

|

« 私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-12  ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まる | トップページ | Mac G5 2.5GHz 環境設定中・旧 Mac G4 500MHz からのデータ設定中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1335035

この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -27-  世界最大の植木センター:

« 私の歯磨き粉(私の取って置きの話から)-12  ついに微妙な塩加減を自得したという思いが深まる | トップページ | Mac G5 2.5GHz 環境設定中・旧 Mac G4 500MHz からのデータ設定中 »