« 水素燃料の新たな生成法が続々開発されている | トップページ | 「鉄道物語 はじめて汽車に乗ったあの日」を読む-7 カーブを徐行中の列車から飛び降りる »

2004.09.22

江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -30-四季折々の多彩な自然の楽しみが町をとりまいた

第1章「江戸が育てた日本の花と野菜」の「13.江戸庶民の自然愛好ブームにこたえる花と緑の行楽地」の中の「四季折々の多彩な自然の楽しみが町をとりまいた」は、次のように述べられている。

「”花のお江戸”といわれたように、江戸には花の名所が多く、シーズンにはどこの行楽地も大にぎわいだった。自然愛好ブームを呼んだ最大の理由は、江戸の都市環境と庶民の生活状態にある。」
つづく。

|

« 水素燃料の新たな生成法が続々開発されている | トップページ | 「鉄道物語 はじめて汽車に乗ったあの日」を読む-7 カーブを徐行中の列車から飛び降りる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1498474

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸・東京ゆかりの野菜と花」を読む -30-四季折々の多彩な自然の楽しみが町をとりまいた:

« 水素燃料の新たな生成法が続々開発されている | トップページ | 「鉄道物語 はじめて汽車に乗ったあの日」を読む-7 カーブを徐行中の列車から飛び降りる »