« 自宅サーバ・アルバム常設館を移設し更に特設館を開設する | トップページ | Mac G5 の電源を落し年月日の再表示をし、ジャーナリングファイルシステムの威力に感心する »

2004.09.09

Mac OS X のマルチユーザーと iDisk で遊ぶ

Panther の勉強を始めてまだ間もない。Mac OS X のマルチユーザーと iDisk は、Mac OS X になった最初からあったのだが、今まであまり遊んだことがなかった。これからは思いっきり遊んでみるつもりである。
昨日すでに、マルチユーザー機能を利用して2つのユーザーに2つの自宅サーバを作ってある。

そこで今日は、マルチユーザー機能を利用して2つのユーザー間で iDisk とユーザフォルダーの中の共有フォルダーを使って遊んでみることにした。
管理者のアカウントTのほかに通常のアカウントKを遊び場として一人で利用するのである。
ホームフォルダーにアプリケーションを入れてアカウントKで使ってみたが、これは特に利点はないようで、アプリケーションフォルダーに入れたのまま使えるので、このままの方がいい。
ホームフォルダーにテキストを入れるとそれはアカウント間で移動になり、HTML ファイルを入れるてアカウント間でコピーになる。
iDisk の Documents では、全てのファイルがコピーでのやり取りとなる。iDisk は、だからケーブル接続しているハードディスクのような感じでハードディスクとして使うことが出来る。
ここまでのことを念頭に入れて、これからもっと遊んでみることにする。何しろ、アカウントTとアカウントKとの切り替えはいとも簡単に素早くできるので、一休みしたい時や遊びたいときに場所を変えてそれが出来るというのがまことにいい。
今日はここまで。

|

« 自宅サーバ・アルバム常設館を移設し更に特設館を開設する | トップページ | Mac G5 の電源を落し年月日の再表示をし、ジャーナリングファイルシステムの威力に感心する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1398559

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X のマルチユーザーと iDisk で遊ぶ:

« 自宅サーバ・アルバム常設館を移設し更に特設館を開設する | トップページ | Mac G5 の電源を落し年月日の再表示をし、ジャーナリングファイルシステムの威力に感心する »