« iMac G5 放熱性を実現するレイアウト | トップページ | H.P.S. No 1105 と 10812 ブラウンの2足の靴を買う »

2004.09.30

Mail で必要なメールだけ効率的に閲覧出来るようにする

メーラーを MUSASHI から MacOS に付属している Mail に取り替えてからひと月になる。新しいメーラーになれるようにつとめてきたが、まだかなり気に入らないところがある。

その一つに、メールを自動的にフォルダー分けしていると、未読メッセージの表示がフォルダーごとに分散し、未読メッセージ総体を把握できないのである。
その二つに、あらかじめフォルダー分けされたメッセージは、そのフォルダーを開かないと、メインのメール内容読取画面には現れないのである。
MUSASHI に慣れた私には、ここのところが最も使い難く、美しく心地よくないのである。つまりここに MUSASHI の美しさと心地よさがあって長く使い続けていたのである。懐かしい。
MacPeople 11 で「未読メッセージの状況を把握したいのなら「MailUnreadStatusBar」がお勧め。」という記事を見つけた。
早速ダウンロードして起動させてみると、メニューバーに小アイコンが表示された。このアイコンをクリックして Set Mail Boxses...
から未読表示をさせたいフォルダーを選定した。
すると、つぎにアイコンをクリックすると、下の方に未読フォルダーの内容が現れてくる。先頭に未読メールの通数、次にフォルダー名が幾つかつづく。ただそれだけであるが、未読メールがまとまって表示され、そのメールがどのフォルダーに納められているかがわかるだけで気分がいい。MUSASHI の場合にはメールの重要度や区分のために色付けすることが出来たが、このソフトではそれが出来ないのが寂しい。
Mail を見ていると、MUSASHI が持っていた以上のものを持っているとは到底思えない。MUSASHI にあってここにないものが多いのであるが、MUSASHII を使ったことがない人たちばかりで開発しているとこうなるように思う。
バックにも、見出しにも自由に色づけが出来ない灰色のメーラーでしばらくは我慢しなくてはならないな、そう思うこのごろである。

|

« iMac G5 放熱性を実現するレイアウト | トップページ | H.P.S. No 1105 と 10812 ブラウンの2足の靴を買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1559307

この記事へのトラックバック一覧です: Mail で必要なメールだけ効率的に閲覧出来るようにする:

« iMac G5 放熱性を実現するレイアウト | トップページ | H.P.S. No 1105 と 10812 ブラウンの2足の靴を買う »