« Mac のディスクトップのメニューバーに日付と時刻を同時に表示させる | トップページ | Mac OS X のマルチユーザーと iDisk で遊ぶ »

2004.09.08

自宅サーバ・アルバム常設館を移設し更に特設館を開設する

Mac G5 2.5MHz に新しい環境を作るため、今まで使っていた Mac G4 500MHz の環境から必要なソフトとファイルを移転している。今日は自宅サーバの移設を行ってみた。

元マシン Mac G4 に作ってあった自宅サーバの移転は簡単である。Mac G5 システム本体のライブラリ-WebServer-Documents-index.html.ja.jis と、ホームフォルダーの中のサイトフォルダーの内容を元マシン Mac G4 に作ってある元フォルダーのものですっかり置き替えればよい。
こうして新しくなった自宅サーバを見ていて、今まで試みたことがなかったもう一つのアカウントにも、自宅サーバ-2を作ってみようと思ったのである。
早速作業を始める。まずシステム設定のアカウント-ログインオプションを開いて「ファーストユーザースイッチを有効にする」をチェックする。メニューバーの右端のアカウント表示から作っておいたもう一つのアカウントを選ぶことが出来る。こうして選んだアカウントにパスワードを入れると、Expose' が起動してあっという間に選んだアカウントのディスクトップ画面が現れる。
次にユーザフォルダーを開いて現れる「共有」フォルダーに必要なソフトを入れる。私の場合には Macromedia Dreamweaver MX , Macromedia Fireworks MX 2004 , Jedit X を入れてある。同時に自宅サーバの中の index.html とアルバムのフォルダーの一つのコピーを参考に入れておいた。こうすると、アカウント共通でアプリケーションを使うことが出来るのである。
index.html とアルバムのフォルダーの一つを基にして変更を加え、自宅サーバ-2のファイルを作りアルバムにリンクを貼った。そしてアカウントを行き来しながら、自宅サーバのファイルと自宅サーバ-2のファイルに手を加え、相互にリンクを張って行き来できるように仕上げた。
出来上がった自宅サーバ-2をブラウザーで見ながら更に細かく調整をして、自宅サーバ・アルバム常設館から自宅サーバ-2.アルバム特設館に違和感なく行き来できるようした。
2つのアカウントを一人で使って別々の作業をしてみたが、なかなか使い出のある面白い世界であると思う。
以前、開発環境に手を出していた頃、もう一つのアカウントに開発環境を作っていたことを思い出した。これから始める開発環境はもちろん昔のように別アカウントに作って楽しむつもりである。
今日はこれまで。

|

« Mac のディスクトップのメニューバーに日付と時刻を同時に表示させる | トップページ | Mac OS X のマルチユーザーと iDisk で遊ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1387589

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅サーバ・アルバム常設館を移設し更に特設館を開設する:

« Mac のディスクトップのメニューバーに日付と時刻を同時に表示させる | トップページ | Mac OS X のマルチユーザーと iDisk で遊ぶ »