« Mac OS X Tiger発売は2005年3月31日? | トップページ | 本物の Mac OS を Mac OS X で動作させる »

2004.10.19

甲州夢街道ウォーク2004と五街道制定400周年

今朝の朝日新聞30滅mの見出しに「歴史に触れ甲州夢街道歩く」とあったので目を通してみると、「「五街道制定」から400周年を記念して01年に始まり、今年で4年目」とあった。
すぐに思い出したのは、04年10月04日のブログエントリーに、 「五街道とはどの街道をさすのか」 と書いたことである。「日本史小百科 交通」には「五街道制定」について、はっきりとは書いてなかったのである。

2001年が400周年ということは、五街道の制定が1601年だということになる。早速ウエブで調べてみることにした。
中山道の起源
慶長7年(1602)、五街道(東海、中仙、甲州、日光、奥州)が江戸幕府により制定されました。中山道は江戸の板橋を起点とし、近江の守山まで六七宿ですが、草津・大津を含めて六九宿とする場合もあります。
新宿の生い立ち
慶長8年(1603年)徳川家康は江戸に幕府を開き、五街道と一里塚を制定した。五街道とは東海道、中山道、日光街道、奥州街道と、甲州街道をいう。その中の1本甲州街道が現在の新宿区内を通っている。また五街道には入っていないが、それに準ずる有力街道であった青梅街道(慶長11年(1606年)開設)が区内の追分(現「新宿三丁目交差点」脇伊勢丹の角に「新宿追分」と名乗るバス停があり、また近くには「追分だんご」と大書した暖簾を下げた老舗もある。)でバイパスとなって甲州街道からY字状に分岐している。
旧街道のための歴史年表
慶長6(1601)東海道に伝馬制を定める  各宿場36頭
###この 「東海道に伝馬制を定める」ことをもって「五街道制定」としている ように、私には思える。
###たまたま見つけた参考になる ページ (傑作)
「私たちの飯田市〜社会編〜丘の上から郊外に広がる商業」
中馬都市(ちゅうまとし)から田園(でんえん)都市へ
「(1)中馬都市として栄えた飯田
 江戸時代初期、幕府は五街道を制定しました。信州には中山道(なかせんどう)・甲州(こうしゅう)街道のほか、北国(ほっこく)街道や北国西(善光寺)街道が整備され、宿駅には問屋が置かれ荷物の「継立(つぎた)て」をし、宿駅におかれた伝馬(てんま)で運びました。ところが、脇街道の伊那(明治以降は三州(さんしゅう)街道や千国(ちくに:糸魚川(いといがわ))・松本)街道では、出発地から目的地まで荷物を「つけ通し」ができる中馬(ちゅうま)交通がさかんでした。宿駅ごとに継(つぎ)立てすることなく、口銭(手数料)もとられない中馬交通は、運賃が安くかつ輸送時間も短くてすむため、時代とともに発展していきました。」
###五街道制定は江戸時代初期となっているが、「中馬都市」という言葉を知った。
日光例幣使の街道
「徳川家康の眠る日光東照宮へ派遣される日光例幣使は、1646年から1867年まで続きました。例幣使に任命されたのは公家で一行は50人からなっていました。毎年4月1日に京都を出発し、15日に日光に到着。翌日、例大祭の行事を済ませ宇都宮経由で江戸に出て、東海道を利用して帰郷するのが一般的だったようです。つまり往路だけなので、年に一回しか街道を通過しなかったのです。
 この例幣使街道は五街道と同時に制定され、北関東の東西交通路として機能していました。例幣使街道は奥州街道と中山道を結ぶ道でありました。これにより、江戸を通らずに京都、大阪へ向かうことができました。また、輸送路としても発達しました。江戸に商品を運ぶ際、例幣使街道沿いに河岸が並びそこから船で運ばれました。そして、地域住民の物資の輸送としても重宝されたようです。
 足利では八木宿と簗田宿が宿場町として発達しました。しかしながら明治にはいると、例幣使街道が足利町を通過していなかったことや、細い道が多かったこと、渡良瀬川にかかる橋がなかったことなどの理由によりその機能を失ってしまいました。
 例幣使街道は、幕末の戊辰戦争の道でもあります。最近まで、簗田戦争のときの刀傷や弾痕を残す建物が残っていました。しかし、今では宿場の面影は残っていません。」
###ここでも「例幣使街道は五街道と同時に制定」となっているだけであるが、例幣使街道の現在を知ることができる。
###奥州街道を探していてであった 「あさかのユーユークラブ」 という面白いページ。 「郡山(安積)郷土の歴史」 には、
「 安積地方の道路
徳川家康は江戸を中心に五街道政策一つとして奥街道を整備し、全通したのは慶長9年(1604)と言い安積地方の松並木造成させた。これが旧4号国道で松並木が冨久山町・日和田町に現存するが松喰虫の被害で切り倒されて少なくなった。奥街道とは、日光道(江戸千住ー白沢) 奥州街道(白沢ー白坂) 奥街道(白河ー外ケ浜)の三街道を言う。当時の道規格は次のとおり定めている。」とある。
こうしてウエブ・サーチは終わったが、「五街道制定」を「慶長6(1601)東海道に伝馬制を定める」の年にしたことは、賢明な制定であったと思われる。つまり、年を数え易い、覚え易い、きりがいい、などが「五街道制定」の根拠である、と思われるのである。」
今日はここまで。

|

« Mac OS X Tiger発売は2005年3月31日? | トップページ | 本物の Mac OS を Mac OS X で動作させる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1720818

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州夢街道ウォーク2004と五街道制定400周年:

« Mac OS X Tiger発売は2005年3月31日? | トップページ | 本物の Mac OS を Mac OS X で動作させる »