« Panther で UNIX アプリケーションを使う-08 | トップページ | Panther で UNIX アプリケーションを使う-10 »

2004.10.29

Panther で UNIX アプリケーションを使う-09

前回に引き続き Fink で KDE という UNIX の統合デスクトップ環境をインストールし、一緒にインストールされた KDE ゲーム31種類の中から、12種類のゲームををいままでと同じように X11 の xterm から起動すして体験してみることにする。

9・・・KDE ゲームを一気にインストールする
FinkCommander のリストの中から kdegame3 を探しだして、  「Binary」のメニューから「Install」を選んでインストールした。
この依存性インストールはけっこう長い時間がかかったが、31種類のゲームが無事にインストールされた。
10・・ぷよぷよ kfouleggs
KDE ゲームには落ちもの系ゲームがいくつも含まれていて、これもその一つで、要するに「ぷよぷよ」だという。
kfouleggs の起動は X11 の xterm で kfouleggs とタイプする。 returnを打っと小さな真っ黒い画面が現れ、しばらく時間が経ってから小さな丸い、いわゆる「ぷよぷよ」がいくつも画面の中に現れて、ゆっくりと落下した。KDE ゲームの欠点はどれも、このように起動に時間がかかることだという。
〜心静かに少々お待ちください〜
ゲームを始めるには「Start」ボタンをクリックする。矢印キーで少し遊んだが、熱中するまもなく、すぐおしまいにした。
次のゲームから最後まで11種類のゲームは皆同じようにして X11 の xterm で起動させる。そのゲームの名前は次の通りである。
11・・テトリス ksirtet
12・・スマイルマークのぷよぷよ ksmiletris
13・・さめがめ ksame
14・・さめがめの変形 klickety
15・・分子模型を作る katomic
16・・ボールを5つ並べる klines
17・・敵のボールを押し出せ kenolaba
18・・倉庫番 ksokoban
19・・15種類のカードゲームがセットに kpat
20・・マインスイーパー kmines
21・・これも上海 kmahjongg
以上のゲームをすべて見てみたが、一つ挙げるとすると最後の21 「これも上海 kmahjongg」であろう。もっとも私に馴染みのあるゲームはこれしかなかったのである。むかしを思い出してしばらく遊んでみたのである。
次には、Kterm、Canna、Kinput2 をインストールして日本語が入力できる環境を構築する。
今日はここまで。

|

« Panther で UNIX アプリケーションを使う-08 | トップページ | Panther で UNIX アプリケーションを使う-10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/1804598

この記事へのトラックバック一覧です: Panther で UNIX アプリケーションを使う-09:

« Panther で UNIX アプリケーションを使う-08 | トップページ | Panther で UNIX アプリケーションを使う-10 »