« ゼンマイびゅんびゅん!!を学ぶ「プログラム作成への挑戦」-02 「消費税電卓」 | トップページ | ココログの大容量化を重要問題として優先度をあげて検討中 »

2005.03.02

ゼンマイびゅんびゅん!!を学ぶ「プログラム作成への挑戦」-03 「割勘電卓」

第3章の「消費税電卓」を作成した次は「割勘電卓」の作成である。「ゼンマイびゅんびゅん!!」の記述にそって作業を進めると、最初のうちはまことにスムーズに進んだ。ところがステッパーの配置にいたって困難に陥ってしまったのである。ステッパーをウインドウにドラッグしてもドロップしないので配置することが出来ないのである。
そのとき Xcode のキーワードで検索していて、最新バージョンが1.5であることを知ったのである。今操作している Xcode のバージョンは1.2であるから、さっそく Apple のホームページにいってダウンロードした。バージョンが最新になればステッパーの設定が出来るに違いないと希望的観測をしていたのである。

インストールも簡単に済んだので、先ず「消費税電卓」のプロジェクトを立ち上げて AppleScript Error -1708 の原因を探ってみることにした。ところが、アップルスクリプトをビルドしてみると「保存出来ませんでした」というコメントが出て、それ以後アプリケーションが出来なくなってしまったのである。そこで思い出したのは「ゼンマイびゅんびゅん!!」にある「スクリプトファイルを選択し、「形式」メニューの「ファイルエンコーディング」から「日本語(Mac OS)」を選ぶ。」とあったことである。たしかに Xcode 1.2 を使い始めたときには注意していた。しかし「日本語(Mac OS)」を選択していないと文字化けが生ずるという現象は起こらなかったから、問題はすでに解決されていると思っていたのである。
Xcode Preferences - Text Editing - Default encoding:を「日本語(Mac OS)」に設定するだけでよいと思っていたのである。ところが AppleScript Error -1708 が生じたり、作り上げたアプリケーションが「保存出来ませんでした」と表示され保存出来ない現象が生じたので、改めてその原因を調べてみることにした。
すると、Project - Groups & Files - Scripts - xxx.applescript を選択したとき、ファイル上部のメニューにある Info をクリックして現れる File "xxx.applescript" info のなかの File Encoding:が、「欧米(Mac OS Roman)」となっているのが見つかったのである。ここを「日本語(Mac OS)」になおすと、作り上げたアプリケーションが素直に保存されるしエラー表示も出なくなったのである。つまり、「ファイルエンコーディング」がプリファレンスのデフォルトエンコーディングを設定しただけでは自動的に全てが変わらず、アップルはこの点まだ未改良のままであったのである。
こうして「消費税電卓」の作成で生じたトラブルは解決したが、「割勘電卓」の作成ではステッパーをウインドウにドラッグしてもドロップしないので、相変わらず配置することが出来ないのである。ウエブ検索を色々と試みたがステッパーがドラッグドロップ出来ないというトラブルについての記述にはお目にかかっていない。
今日はここまで。

|

« ゼンマイびゅんびゅん!!を学ぶ「プログラム作成への挑戦」-02 「消費税電卓」 | トップページ | ココログの大容量化を重要問題として優先度をあげて検討中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/3147021

この記事へのトラックバック一覧です: ゼンマイびゅんびゅん!!を学ぶ「プログラム作成への挑戦」-03 「割勘電卓」:

« ゼンマイびゅんびゅん!!を学ぶ「プログラム作成への挑戦」-02 「消費税電卓」 | トップページ | ココログの大容量化を重要問題として優先度をあげて検討中 »