« Tiger のインストールに備えハードディスクを増設する、ついでにワイヤレスマウスも買替える | トップページ | Tiger をインストールする-1 増設したハードディスク・移行アシスタント・ユーザの移行 »

2005.04.23

Mac OS X に Apache2 on Panther をインストール、その記録-4

Apache2 起動用に Apache2.prefPane をインストールしたので、アップルメニューのシステム環境設定の中に現れた Apache2 アイコンを操作して起動するようになった。
しかし、ここに用意されている「Start Apache2 at Boot」という機能は Apache2 on Panther をインストールしたときの不手際で使えなくなっている。だから、OSX を起動させたあと手動で Stat ボタンをクリックし、Apache2 を起動させなければならないのである。
このような不便な使い方を続けているうちに、もう一つおかしなことに出くわしてしまった。新しいアルバムのページを作ったので、ページを目次に追加してブラウザーで閲覧してみると、最初にでてくる Welcome index.html ページのリンク先が変更されていないのである。

いろいろと調べてもわからなかったが、一晩寝て明け方に、ふと忘れていたことを思い出し解決した。
Welcome index.html ページは Apache2 on Panther の場合、ライブラリーのなかの WebServer のなかにあるのではなく、ライブラリーのなかの Apache2 のなかにあるのである。つまり、今までの習慣で WebServer のなかの Welcome index.html ページのリンクを変更していたのだが、Apache2 のなかの Welcome index.html はそのコピーなのでページのデザインが全く同じであるため、気が付かなかったというわけなのである。
このことを忘れて一日中 WebServer のなかにある Welcome index.html ページに書き込んだリンクのことを考え続けていたのであるが、ブラウザーで見ていたのは Apache2 のなかの Welcome index.html であって、この WebServer のなかの Welcome index.html を見ていたのではなかったのである。
だが、自動起動のために用意されている「Start Apache2 at Boot」にチェックを入れ Mac OSX を起動させるとApache2も自動的に起動するという、この機能を回復させる私流のアイデアはまだ浮かんでこないのである。
つづく。

|

« Tiger のインストールに備えハードディスクを増設する、ついでにワイヤレスマウスも買替える | トップページ | Tiger をインストールする-1 増設したハードディスク・移行アシスタント・ユーザの移行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/3818981

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X に Apache2 on Panther をインストール、その記録-4:

« Tiger のインストールに備えハードディスクを増設する、ついでにワイヤレスマウスも買替える | トップページ | Tiger をインストールする-1 増設したハードディスク・移行アシスタント・ユーザの移行 »