« 冬の大三角形と冬のダイヤモンド-2 | トップページ | iWeb で遊んでみる-02 »

2006.02.26

iWeb で遊んでみる-01

060225_162408iLife が届いたので早速 iPhoto 6 をインストールする。見た目は iPhoto 5 とほとんど変わっていない。イメージの「書き出し」がメニューの「共有」から「ファイル」に移っているのが目に付くくらいである。
つづいて、iTunes、iMovie HD、iDVD、GarageBand、iWebをインストールする。なかでも気になったのは今回初めて iLife に含まれ登場した iWeb である。アップルオリジナルのテンプレートを使って、あっという間にすばらしい Web サイトを作成することができるという。
iWeb を起動してメニューの「ファイル」から「新規サイト」のなかの「Web ページのテンプレートを選択してください」-「フリースタイル」-「Welcome(ようこそ)」を選択し、簡単にサイトを作成した。
次にメニューの「ファイル」から「新規ページ」の「Web ページのテンプレートを選択してください」-「フリースタイル」-「Blog」を選択し簡単に Blog 作成する。
テンプレートの使い勝手とその味はなかなかいい。操作も非常に分かりやすく、イメージも良いものが集められていてなかなか好感が持てるソフトである。こうしてほんの少し iWeb の雰囲気を確かめた後しばらく放置していた。
このときにはまだ事件が起る予感などは少しもなかった。

先日、私が管理人をしているサイトの画像掲示板を久しぶりに覗いて見るとたくさんの URL スパムで記事の欄が覆われていた。そこで管理用のページに入り、目にした1ページ30件の URL スパムをすぐ削除したのである。すると記事の残りが1件だけ現れ、それもスパムメールになっていた。こうして URL スパムを削除した後には写真と記事が全て消え去り、何も残らないという事態に陥ってしまったのである。
私が使っている画像掲示板は Clip1 というフリーソフトを使っている。この Clip1 Ver:1.41 は画像などのバイナリーファイルを「添付ファイル」としてアップロードすることができる掲示板である。
リモートサイトのファイルを調べてみるとイメージとログは2004年頃のものが幾つか残っているだけでほとんど失われている。またイメージとログは必ずしも対応していないようである。さいわい2004年にバックアップしているので、その時までのイメージとログはローカルサイトにある。
以前にも同じような URL スパムを何度か削除していた経験から、今回もおなじ URL スパムと即断して削除したのである。ところが削除したはずのない既存の投稿写真記事100余件までが削除されてしまったところを見ると、単なる手違いだけではないような気がする。
その後、リモートサイトの画像掲示板のバージョンを Clip Boaed Ver:1.95 にアップしてから編集し、バックアップしてあった画像と記事を復活させた。まだリモートサイトを別途バックアップした中に未復活のログと画像が少しあり、それらの復活は研究中である。
私のローカルサイトは Dreamweaver を使って作ってある。いつものように Dreamweaver MX を起動してローカルサイトを編集したのであるが作業はスムーズで何事も生じなかった。
しかし CGI のバージョンアップを行なうため「書類」の中の「Dreamweaver Rocal Sites」と名付けたフォルダーに入れてある「Hogihogi.sites」をダブルクリックして開こうとしたとき、奇妙なことが起ったのである。
つづく。

|

« 冬の大三角形と冬のダイヤモンド-2 | トップページ | iWeb で遊んでみる-02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/8846855

この記事へのトラックバック一覧です: iWeb で遊んでみる-01:

« 冬の大三角形と冬のダイヤモンド-2 | トップページ | iWeb で遊んでみる-02 »