« "みんなの Python" を学ぶ「CHAPTER 03 PythonでWebサーバを作る」-「03-01 SimpleHTTPServerを使う」 | トップページ | Time Machine に乗って過去の世界を復元する-2-Mac OS X 10.5 アーカイブインストールを行う »

2008.03.20

Time Machine に乗って過去の世界を復元する-01-事件の発端

051003_133440 2008年3月18日の朝、いつものように愛用の Mac Pro の電源を入れた。ログイン項目が次々と起動していくなか Safari v3.0.4 にだけ異常が生じていた。デフォルト Web ブラウザに設定してある Safari のホームページ iGoogle が開かず”サイトに接続できませんでした”という内容の警告画面が表示されていたのである。つまり、Safari は起動したがインターネットへの接続ができないのである。
 他のブラウザではどうかと Firefox を使ってインターネッとへの接続を試みてみると、こちらは簡単に接続した。ユーザーを変えて試みてみると Safari では相変わらず接続できないが Firefox では接続できる。再起動してみたが回復しない。Safari に何事か問題が生じているような気配である。

 一昨16日 Safari と併用していた Webkit Nightly Build を r31084 で使用中止していた。2月19日に Mac OS X WebKit r30342 を使い始め、以来使い続けていたのであるが、 r31084 に至り警告画面がでるようになったからである。それまでは Webkit Nightly Build の高速かつ軽快な動作を堪能し快適に使用し続けていた。
 17日は Safari v3.0.4 を使用して何事もなくいつものようにミニブログにエントリーし FOTOLOG に投稿していた。
 こうして、18日の朝 Safari がインターネッとに接続できないと表示されたときからこの事件は始まったのである。その時この先どのような展開が待っているか知る由はなかった。

|

« "みんなの Python" を学ぶ「CHAPTER 03 PythonでWebサーバを作る」-「03-01 SimpleHTTPServerを使う」 | トップページ | Time Machine に乗って過去の世界を復元する-2-Mac OS X 10.5 アーカイブインストールを行う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12847/40570542

この記事へのトラックバック一覧です: Time Machine に乗って過去の世界を復元する-01-事件の発端:

« "みんなの Python" を学ぶ「CHAPTER 03 PythonでWebサーバを作る」-「03-01 SimpleHTTPServerを使う」 | トップページ | Time Machine に乗って過去の世界を復元する-2-Mac OS X 10.5 アーカイブインストールを行う »