カテゴリー「ドリームスペル」の記事

2006.03.20

次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野-つづき-2

06-01-21_08-55-02 甲田列さんの話はナーガルジュナの 「中論」 についてであった。時刻も遅くなって帰ろうとしていたとき私の席の横に甲田列さんがこられ、 「中論」 の続きの話をされたのである。私の隣の女性も一緒に熱心に耳を傾けていた。
 注  「中観派」

続きを読む "次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野-つづき-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野-つづき-1

06-01-21_08-55-02 小野満麿さんの話は「エノクの鍵」についてであった。ドトールコーヒー店では小野満麻呂さんと席が離れているところにいたので話はほとんど聞き取れなかった。その後に会場を移し席を改めたところでは隣に来られたことがあって、向こう隣の2人の女性に語っている話しに耳を傾けることが出来た。

続きを読む "次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野-つづき-1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.18

次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野

06-01-21_08-55-02 今日の散歩は「次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野」に出るため吉祥寺駅から神田経由上野に向かった。この研究会に最初に出たのは2004年だから、もう一昨年のことになる。
 先日何気なくメタトロンのホームページを見たとき、「次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野」という記事を見たことと、身辺の物事が一区切り付いこともあってまた関心が蘇ってきたのである。
 集合場所のドトールコーヒー店1階に着いたときにはまだ30分以上余裕があった。ブレンドコーヒーを注文し持参していた「陰陽道」鈴木一馨を読んでいると、いつの間にか顔見知りの人達が少し離れたソフアーに座っていた。その後だんだん人数が増えて17人ほどになり、一言紹介が始まって私も最後に自己紹介する。

続きを読む "次元幾何学研究会3月例会 第11回例会 in 上野"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-19 4つの世界の次元幾何学的交差

040710_1911_1.JPG
小野和哉氏作品 神聖幾何学的絵画

昨日、10日の昼前に家を出て吉祥寺駅から JR 線で新宿経由原宿に向かった。夕方から雨になるという予報だったので傘をリュックに入れて、晴れている原宿駅に降りた。時間が少々あったので、明治神宮の鳥居をくぐって参道を歩き、すぐ左の横道に入って10分弱であったが、森然とした雰囲気に浸ってみた。
*** 記録写真はこちらにあります。 *******

続きを読む "ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-19 4つの世界の次元幾何学的交差"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.20

空間充填と四面体と八面体と菱形十二面体と切頂八面体

040620_1222.JPG
ムクロジ Sapindus mukurossi  の花(地面に落ちた花)

空間充填の多角形に興味を持ち始めていた。空間充填-四面体-八面体というキーワードを使ってGoogleで検索すると、 コンピュータグラフィックス(CG)で作ったきれいな四面体、八面体、菱形十二面体と切頂八面体の空間充填の画像 を見ることが出来た。

続きを読む "空間充填と四面体と八面体と菱形十二面体と切頂八面体"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.19

平面充填形と空間充填形と正三角形と正四面体と正八面体

040617_1403.JPG

正多面形のなかで平面充填形は正三角形、正方形、正六角形の3つだけであることはよく知られているが、正多面体の中ではどうであろうか。プラトン多面体の中では唯一、正六面体だけが単独で空間充填することができるという。2種類の正多面体を使うなら、正四面体と正八面体を組み合わせれば空間充填することが出きるという。

続きを読む "平面充填形と空間充填形と正三角形と正四面体と正八面体"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.18

三角格子と蜂の子格子と麻の葉模様と

040617_1404.JPG

「金属錯体分子がつくる結晶の 磁化率 の物語」を見て、三角格子という言葉を知り、 三角格子反強磁性体の120度構造 の図を眺めていたら、「120度スピンの向きを考慮した単位胞」という記述があって、同じスピンの向きの格子を4つ繋いだ、ひし形が示されているのに気が付いた。

続きを読む "三角格子と蜂の子格子と麻の葉模様と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.17

ポリオミノの中のドミノとポリアモンドとフラストレーション

040615_1226.JPG

初めて知った ポリオミノのページ を見ていたら、この中でよく知られているのがドミノであるとあった。正方形をつなげた図形をポリオミノというから、正方形が二つのものはドミノというのである。

続きを読む "ポリオミノの中のドミノとポリアモンドとフラストレーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.16

正四面体の展開図は必ず平面を充填する

040615_1405.JPG

正20面体の展開図で平面を充填するものを探していたがなかなか見つからず、探索を一休みしていた。それでも頭の片隅に問題として残っていたので、微かな手ごたえに反応してはメールを出していた。メールで帰ってきた返事の中に強い手応えを感じ、Googleで検索した。

続きを読む "正四面体の展開図は必ず平面を充填する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.09

ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-18

040609_1506.JPG

6月6日に参加していた「ドリームスペルと神聖幾何学」のもようのうち前半は、 「ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-17」 に書いた通りである。その後半に素晴らしい絵画を鑑賞したので、そのことについて書いてみよう。

続きを読む "ドリームスペルに出会い遊び方を学ぶ-18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧